フォト
無料ブログはココログ

« ベン・シャーンについて語ります。フライヤーができました。 | トップページ | ベン・シャーンについて語る。福島に行ってきた。 »

2012年4月23日 (月)

満点ゲットシリーズ 累計400万部突破は、うれしい。





Img_0001_1280x613


4月11日、朝日新聞の朝刊3面に載った、集英社の広告です。
全5段の大きな広告です。
「満点ゲットシリーズが、累計400万部突破」とあります。

『ちびまる子ちゃんのかん字じてん①』と
『こちら葛飾区亀有公園前派出所 両さんの昆虫大達人』の2冊が、
1999年6月に発売され、満点ゲットシリーズがスタートした。
まことに、ほそぼそとしたスタートだった。

そうして13年経過して、累計400万部に成長した。

2011年発表の総務省統計局の数字では、日本の小学生の
総人口は684万人である。

13年間かけて築き上げてきた400万部なので、
比較するのは少々気が引けるが、
この648万、小学生の総人口と並べてみると、
400万部は、いかに大きい数字であることが判る。

満点ゲット創刊当時、市場には『ドラえもんの攻略シリーズ』という、
小学生向けの学習本が、今もあるけど、当時、あった。
十数冊揃っていて、本屋さんの棚に、ずらーっと並んでいた。
奥付を見ると、どれも頻繁に版を重ねている。

『ドラえもんの攻略シリーズ』が市場を独占していた。
――という表現では、正しく事実を伝えていない。
「ドラえもん」の小学館が、漫画キャラクターを使用した
学習本シリーズを独自に創作し、他を寄せ付けずに、市場を形成し独占していた。

小学館のホームページを見ると、『ドラえもんの攻略シリーズ』は、
1990年創刊である。
『攻略シリーズ』を、購入し、隅々まで読んだ。
「ドラえもん」の学習本は、ハードカバーのものも数多く出ていた。
小学館の学年誌にあったドラえもんもチェックした。
学習参考書にも目を通した。

攻略シリーズは、よくできている。
小学生に寄り添うように、子どものニーズに沿って、本を作っている。
つぎつぎと、続刊を出版しつづける編集パワーには、
恐れに近いものを感じた。

「ドラえもん」の連載開始は、1969年。
子どもだけでなく、親にも、学校にも、社会にも、
「ドラえもん」は信頼を置かれている。
誰もが認める国民的、漫画キャラクターである。

それでも、挑戦する、と決めた。

我が方は、
「こちら葛飾区公園前派出所」の両さん(1976年連載開始)、
「Dr.スランプ」のアラレちゃん(1980連載開始)、
「ちびまる子ちゃん」(1986年連載開始)
の連合作戦である。

ご興味のある方は、書店の児童書売り場で、
『満点ゲット』と『ドラえもんの攻略シリーズ』とを
見比べてみてください。
版型は同じB6判。でも、開いてみると全然違う。

文章表現、イラスト図解、漫画表現、本の仕掛けなど、
考えられるだけの創意を凝らした。
画期的な本になったと思う。

1998年、宇都宮、渡辺、江本、そして、ぼく。
この4人で、満点ゲットが始まった。
ぼくは編集長。今風に言えば、プロジェクト・リーダー。

新聞広告を見て、嬉しくなって、書いた。

書くことによって、一人でも読者が増えれば嬉しいし、
現役の編集担当者や、営業、管理の人たちへの、
ひそかなエールになれば、それも嬉しいと思った。

本屋さんに行って、久しぶりに、児童向け参考書の棚を見る。
「満点ゲット」が「ドラえもん」と、互角で並んでいる。
「クレヨンしんちゃん」が新規参入していた。

「満点ゲットシリーズ」は、いまでも画期的な本である。
画期的である所以を、回を改めて書いてみる。

先週は、
「手で考えた人。ベン・シャーンについて語ります」の
フライヤーを置いてもらうために、
都内各所を歩き回った。
画廊、古書店、画材店、レストランなどに、お願いしました。
今週も引き続き、歩き回ります。

集英社満点ゲットシリーズ
http://kids.shueisha.co.jp/manten/mantenget/index.html

« ベン・シャーンについて語ります。フライヤーができました。 | トップページ | ベン・シャーンについて語る。福島に行ってきた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582767/54508841

この記事へのトラックバック一覧です: 満点ゲットシリーズ 累計400万部突破は、うれしい。:

« ベン・シャーンについて語ります。フライヤーができました。 | トップページ | ベン・シャーンについて語る。福島に行ってきた。 »