フォト
無料ブログはココログ

« ベン・シャーンについて語ります。福島を行く、その2。 | トップページ | 手で考えた人。ベン・シャーンについて語りました。 »

2012年5月22日 (火)

ベン・シャーンについて語ります。福島県美といわき市美からの贈り物。

5月19日のトーク、
「手で考えた人。ベン・シャーンについて語ります。」は、
福島県立美術館と、
いわき市立美術館の応援企画です。
以下の6点を、ご来場の皆様にお配りました。

                                ↓いわき市美より、「館のパンフレット」と「展覧会スケジュール」

Img_0003 

              ↓いわき市美より、「いわきの観光ガイドマップ」Img_0001

               ↓福島県美より、「ベン・シャーン展のフライヤー」         Img_0002

              ↓福島県美より、「福島県の観光ガイドブック」

Img_0006
 

              ↓福島県美より、「福島県の観光地図」

Img_0005

いわき市立美術館の杉浦友治さんからは、
つぎの3点が送られてきました。

1、いわき市立美術館のパンフレット。
表紙がアンディ―・ウォーホル「16のジャッキーの肖像」。
パンフの中面には、名作ジェイムズ・ローゼンクイスト「成長計画」が
載っています。

2、24年度いわき市立美術館 展覧会のご案内
只今は、「宮沢賢治・詩と宇宙―理想郷イーハトーブを夢みて」を開催中。
7月21日からは、「ホノルル美術館所蔵 北斎展」 これお薦めですね。

3、いわき観光ガイドマップ
ご存じ、スパリゾート・ハワイアンズ、アクアマリンふくしま。
国宝・白水阿弥陀堂は、平安時代に作られた、浄土の世界。行ったことあります。
美しかった。
いわき市立草野心平記念文学館。草野さんは、蛙の詩人。

福島県立美術館の荒木康子さんからは、
つぎの3点。

1、福島県立美術館 
「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」展のフライヤー。
6月3日~7月16日。
入場料が通常よりの安い。一般・大学生=600(480)円。
イベント企画が盛りだくさん。
山田太一さんは、6月3日、ぼくの友人の真下弥生さんは6月17日。
詳しくは、福島県美のホームページを。
http://www.art-museum.fks.ed.jp/exhibition/shahn_cma.html

2、福島県観光ガイドマップ。
猪苗代湖、磐梯高原、野口英世、会津若松、相馬、見どころいっぱい。
福島は、温泉もいい。ぼくは、30年前に、自転車で浜通りの鉱泉、
温泉を巡った。冬の浜通りは、ぽかぽか温かで、気持ち良かった。

3、福島県観光マップ。
左右86.5cm天地61cmのドデカい地図。

ご来場の皆さまに確かにお渡ししました。
喜んでくださいました。

 

« ベン・シャーンについて語ります。福島を行く、その2。 | トップページ | 手で考えた人。ベン・シャーンについて語りました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582767/54707950

この記事へのトラックバック一覧です: ベン・シャーンについて語ります。福島県美といわき市美からの贈り物。:

« ベン・シャーンについて語ります。福島を行く、その2。 | トップページ | 手で考えた人。ベン・シャーンについて語りました。 »