フォト
無料ブログはココログ

« 2012年6月2日 | トップページ | 2012年10月20日 »

2012年6月13日

2012年6月13日 (水)

「新しい」本を作ります。

「新しい本」の編集作業に入りました。

Img_0001Imgぼくにとって久しぶりの本作り。
『ひろしま』(石内都)以来である。
『ひろしま』が2008年4月発売なので、じつに4年ぶりの
仕事である。

フリーになっての初めての本作り。
ワクワクするし、緊張もしている。

本のアイディアが閃いたのが、2009年6月である。
それから、ずーと考えていた。
四六時中考えていた訳ではないが、折に触れ考えていた。

関連する書籍を可能な限り購入し、眺めて、読んだ。
ゆかりの土地に取材旅行もした。

アイディアは、ある何かに触発されて、突然湧き上がってくる。
天から降ってくるというより、自分の内側から、
ぱっと飛び出してくる。

これは本になるぞ、と閃いた瞬間は歓喜だが、
それからは辛苦が待っている。
アイディアは骨格みたいなもので、肉を付けていかないと、
作品にはならない。

本に必ずなる、という保証はどこにもない。
アイディアのままで、成長しなかったプランはいくつもある。
出口に見えない不安の中で、考え続ける。

何度も行き詰る。何度も絶望する。
でも、何度も立ち直って、次の手を、別の方法を
模索する。

歳をとっていいことは、無理をしなくなった。
無理が出来なくなった。壁に突き当たったら、散歩に出る。
昼寝する。今日の仕事は辞めにする。

10時半ごろ仕事をはじめ、6時半には仕舞にする。
いわゆる残業はしない。そのかわり、毎日働く。
ほかにすることもないので、土日も事務所に出たりする。

『ここが家だ-ベン・シャーンの第五福竜丸』と『ひろしま』は、
アイディアが浮かんで、本にしようと決めたら、
企画に最適の作家を探し出し、依頼し、
そして、プロジェクト・チームを組んで仕事を進めた。

今回は、すべてを一人で進めている。
自分のアイディアを、自分で作品にする。
昨年の10月に、アイディアは作品に成長した。

幸い、望外の版元と出会うことができた。
秋に発売する予定である。

仕事は内緒に進めます。
当分は、企画について具体的に語れない。
固有名詞は明かせない。

でも、本ができるまでを、同時進行ドキュメントします。
隔靴掻痒、お許し下され。

« 2012年6月2日 | トップページ | 2012年10月20日 »